2社間及び3社間のファクタリングの比較

ファクタリングには、自分とファクタリング会社と2社間で行う方法と、取引先も交えて3社間で行う方法があります。どちらの方法にもメリットとデメリットがあるので、両者の特徴をよく比較しながら選ぶ必要があります。
まず2社間で取引する場合ですが、このメリットは取引先に知られることなく取引が可能であることです。
やはりファクタリングを行ったことが知られると、取引先からの信用を落としかねません。

これが2社間で取引を行う大きなメリットとなります。

ファクタリングの比較を「よくわからない」と思っているあなたも、詳しい情報を見れば考え方が変わります。

ただ買取側からすると、前払いをしてお金を先に渡すかたちになるので、売掛金を回収できないリスクが発生します。
そのために手数料が3社間で行うよりも高めに設定されています。


ここがデメリットとなります。



これに対して3社間のメリットは、取引先から直接売掛金を回収できるので買取側のリスクが少なく、そのために手数料が安いということです。手数料を高くなってしまうと、本来入るはずの売掛金の額がどんどん目減りしてしまい、経営を圧迫しかねません。


やはり手数料が安いというのは大きな魅力です。

ファクタリング会社によって、この手数料に幅があるので、しっかり比較することが大切です。



3社間のデメリットは取引先にばれてしまうことです。信用問題に関わるので、十分注意する必要があります。

このようにファクタリングを行うにあたっては、2社間で行うのか、それとも3社間で行うのかを、それぞれの特徴を比較してまず決めなければなりません。