ファクタリングをおすすめしたいケースとは

緊急で資金を調達したいけどローンの審査には落ちてしまったというケースではファクタリングをおすすめします。

ローンの一種だと認識されることが多いですが、ローンとはまったく性質が異なっています。
そもそもお金を借入するわけではなく、売掛金を譲渡して資金調達するわけです。
売掛金を担保にして借りるローンと認識されることがありますが、借金をするわけではないので金利は発生しません。

金利の代わりに発生するのは手数料で、低いところだと1%、高いところだと30%以上となっています。

ファクタリングをおすすめしたい人は、ローンから現金調達ができない人です。

安心安全のおすすめのファクタリングについて親身になってアドバイスいたします。

ローンから借入できない状態でキャッシュフローを改善するのは簡単ではありません。


キャッシュフローがひとたび崩れてしまうと、元に戻すのは非常に苦労します。
早め早めに対応する必要がありますので、ビジネスローンの審査に落ちてしまった人にはファクタリングをおすすめします。



ローンや税金の支払いを延滞している場合でも資金調達ができる可能性が少なくありません。



ファクタリングのおすすめポイントには保証人を必要としないこと、調達した資金に返済義務がないことです。
手数料は各社によって大きな差がありますので、よく比較して選んでください。手数料を抑えるためには三社間のファクタリングがおすすめであり、売掛先も含めて交渉することで審査を有利に進めることができます。


二社間のサービスと比較して手数料が安く、調達できる金額は大きくなります。